「はじめに」の記事一覧

オートキャド(AutoCAD)Tips集とは

はじめまして!

当サイト「オートキャド(AutoCAD)Tips集」では、オートキャド(AutoCAD)を使う上でのちょっとしたテクニックを色々紹介しています。

こうした「小ワザ集」的な内容は、オートキャド(AutoCAD)を効率的に使って仕事をしたい、と考えている方に向けて書いています。

少しでも作業効率を高めたいと考えている方にとって、何かヒントになるような内容を当サイトで紹介出来ればいいなと思っています。

とは言えそこはあくまでも「Tips」なので、操作の根本的な部分に関わるような内容の話ではありません。

中には有効なテクニックがあったとしても、ひとつひとつのテクニックで効率化するのはほんの少しでもあります。

しかし、それがほんの少しであったとしても、工夫することによって操作は確実に改善されていくものです。

オートキャド(AutoCAD)の操作には「誰も知らないような裏技」はなくて、操作スピードを高める為には少しずつの改善を積み重ねていくしかありません。

これは誰が見ても地味な作業です。

しかし地味ではあっても効果は確実で、地味でひとつずつの効果が小さい為、そこに注目しない人も多いです。

もちろんプロとしてオートキャド(AutoCAD)を使っている訳ですから、きちんと細かい部分を気にする人もいますが…

どんなに地味であっても確実に効果があるやり方を少しずつ積み重ねて、操作を効率化していくのがプロに求められることではないかと思います。

…ということで、当サイトでは色々なテクニックをカテゴリー毎に分類して紹介していますので、興味のあるところだけでも読んで頂けると嬉しいです。

このサイトの主旨などを書いているカテゴリから。

■はじめに

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていると、作図した線などを選択する機会がかなりあります。

そうした際に使いたいテクニックを以下のカテゴリでは色々書いています。

■オブジェクト選択のTips

オートキャド(AutoCAD)を操作する際には結構「Shift」キーを使用する機会があります。

これによってかなり操作の効率化が図れる場合もありますので、ここではそのあたりのテクニックを紹介します。

■Shiftキーを活用する

指定した範囲に網掛けをする「ハッチング」は、図面を作図する上でなくてはならない機能です。

この操作をスムーズにやっていくことで操作性はかなり向上するので、以下のカテゴリではそのあたりを取り上げています。

■ハッチング関連のTips

オートキャド(AutoCAD)の操作をカテゴリ分けするのは結構難しく、どこに入れれば良いか分からないようなテクニックについては、以下のカテゴリにまとめました。

後で見直してみると、あまり上手いこと分かれていない気もしますが…

■全般的なTips

 

オートキャド(AutoCAD)で作図する図面は、dwgという形式のデータでパソコン上に保存されます。

この扱いを間違えると大変なことになるので、データを守るという観点からも色々な対策が必要になってきます。

以下のカテゴリではそのあたりにフォーカスして色々話をしています。

■データ関連のTips

オートキャド(AutoCAD)にはポリラインという機能があって、これがなかなか使える奴なんです。

その活用方法などを以下にまとめています。

■ポリライン関連のTips

将来的には完全にペーパーレスになるかも知れませんが、今のところは完成した図面をプリンタで印刷する必要があります。

ペーパーレスになったとしても、画像データ化する為にはやはり印刷の操作をする必要があるので、少しでも印刷を効率化しておきたいところです。

特に連続印刷処理は作業効率化という意味では強力なので、もしやっていない方がいればぜひ試して欲しいです。

■印刷関連のTips

オートキャド(AutoCAD)の操作を効率化するには、CADの内部的な話だけではなく、周辺の環境も重要になってきます。

特にずっと手で触れているマウスの選定は重要な要素なのですが、なぜか気にしない人も多いです。

少しお金がかかる話にはなってしまいますが、操作効率をアップさせる為に出来る事ということで色々書いてみました。

■CAD以外で変えたいもの

最後のカテゴリは、オートキャド(AutoCAD)のプロとしてどのような考え方で仕事をすれば良いか、というあたりの話をしています。

管理人である私が一番伝えたいのは、上記で色々紹介しているTipsを覚えることではなくて…

というような説教くさい話を色々しています。

実際の仕事でオートキャド(AutoCAD)などを色々教える機会が私には結構ありますが、まあ嫌がられるのでここまでの話はしません。

そのかわりという感じで、ここで思っていることを色々書いていますので、興味のある方はどうぞ読んでください。

■おわりに

当サイトで書いているのは上記のような内容です。

もちろん全部を読んで参考にする必要はないです。

全ての方がこれを全部を読んで意欲的に実行されてしまったら、恐らく私の仕事上の強みが少なくなってしまいます。

…というセコい話はさておき、まずは興味のある内容を読んで頂けると、情報を発信している側として非常に嬉しいです。

サブスクリプションがある場合の選択肢

前回はオートキャド(AutoCAD)の2013について、ちょっと厳しい意見を書いてしまいました。

一方的な批判だけで終わってしまうというやり方は、個人的にはあまり好きではないんですけど。

それでも、操作の度に動きが遅いというのはCADとして致命的なので、書かない訳にはいかないという気持ちの方が勝ちました。

これはメーカーで実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってみて、何も感じなかったのかが不思議です。

次回のバージョンは来年に発売されて、恐らくオートキャド(AutoCAD)2014になるでしょう。

その新しいバージョンも似たような状況だったらどうしよう……と、今から余計な心配をしています。

今はある程度のシェアを持っているオートキャド(AutoCAD)ですけど、だからと言って安泰という訳じゃない。

少なくとも私はそう思っています。

だから、基本的な部分を疎かにしたバージョンを出し続けてていると、最終的には廃れるんじゃないかという気がします。

まあ気にしすぎなのかも知れませんけど。

オートキャド2013をお勧め出来るか

オートキャド(AutoCAD)のバージョンが古くて機能が少ないと感じたら、バージョンアップをするという選択肢もある。

前回は色々とバージョンについての話をして、最終的にはそんな話に落ち着いた訳ですが……

現状のオートキャド(AutoCAD)を知る私としては、ここでちょっと最新バージョンについて書かずにはいられません。

今これを書いているのが2012年の12月だから、最新バージョンは2013になります。

しかし今私が使っているのは2012なので、1年前のバージョンで今は仕事をしていることになります。

ひとつ前のバージョン。

私が使っているオートキャド(AutoCAD)は、Autodeskとサブスクリプション契約を結んでいます。

年間で固定の金額がかかりますが、最新バージョンを使えたり、質問などのサポートが受けられるのがサブスクリプション。

なのに、1年前のバージョンを使っているのはなぜでしょうか。

バージョンによる微妙な違いもある

当サイトでは、オートキャド(AutoCAD)を使う上で知っていると便利なことを色々と書いています。

ただしそうした話は、あくまでも私が今現在使っているバージョンで可能な操作方法で、全てに共通して言える話ではありません。

最近はこんな機能が搭載されてさらに便利になりました、というような話をすることもありますが……

逆に言えば、それより昔のバージョンではそうした便利な機能を使えません、という場合もある訳です。

例えば以下の記事では、ハッチング機能が自動調整を使わなくても編集出来ますよ、という話をしています。

自動調整なしで形状を変える

でもこれは2011バージョンでは出来ますけど、2008バージョンでは出来ない事なんです。

そういう機能って結構多いので、便利な機能を紹介しつつも「これが出来ないバージョンもあるんだよな」と思ったりしてます。

そんな訳で、今回はそんなオートキャド(AutoCAD)のバージョンについて少しだけ思うところを書いておこうと思います。

記事をどんな分類で分けるか

オートキャド(AutoCAD)を使う際に役立つ小技を紹介する、というのが当サイトの主旨になります。

まずは基本的な操作というか、初歩的な操作から説明していこうと思ってます……が、どういう分類をしていくかでちょっと悩んでます。

操作方法をタイトルにつけて、それを50音で並べても、タイトル名が分かりにくいと探せません。

このサイトを構築しているシステムだと、解説をした順番に並ぶようにはなってますけど、そんな順番には意味がないですよね。

短いタイトルを的確に付けて、それを50音で並べておき、見る人が誰でも分かる状態にする。

これが何となく良さそうな分類なんですけど、簡潔で的確なタイトルを付けていく自信があまりないんです。

とか、ちょっとグダグダ書いてしまいましたが、このサイトでは情報をどうやって分類していくか。

今回はそのあたりを少しだけ説明させてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ