「ハッチング関連のTips」の記事一覧(2 / 3ページ)

ハッチングを背面に移動する機能

前回はオートキャド(AutoCAD)のハッチング関連Tipsということで、ハッチング範囲にポリラインを追加するやり方を紹介しました。

ちょっと限定的過ぎる知識かも知れませんけど、使い道の可能性は感じさせる機能じゃないかと思います。

そんな便利なハッチング機能ですが、作図をする際に気を付けなければいけないのが、ハッチングの表示順序です。

これを意識しないで作図を進めていくと、いざ印刷をする際にはちょっと残念な結果になる場合もあります。

例えばこんな状態に。

 

ハッチングが前面にある場合

 

まあこれはわざと極端な例として作った訳ですけど、作図の順番としてハッチングは割と後の方になるはず。

最初にハッチングの処理をすると、作図中に見づらいので、大抵の方は後回しにするんじゃないかと思います。

しかしオートキャド(AutoCAD)のルールでは、後から作図した要素がどんどん上に重なってくるというものがあります。

そうなると、作図の後の方になりがちなハッチングは、どうしても他の要素に重なってしまうことになるんです。

それを解決する為のコマンド、まあこれはあまりTipsという感じでもないですけど……

昔のオートキャド(AutoCAD)には無かった機能なので、もしかしたら知らない方がいるかも知れない。

そんな気持ちで表示順序についての機能を紹介してみたいと思います。

ポリラインの太さと壁面の関係と

前回までの説明で、ハッチングの境界に一通りポリラインを作成した状態まで進むことが出来ました。

ハッチングの数だけ同じ操作をするのが面倒ではありますが……

こういう「面倒臭いけど同じ操作をする必要がある場合」には、コマンドマクロを作成するのが効果的です。

とか格好いいことを書きながらも、今回は量がそれほど多くなかったので、人力で頑張ることにしました。

あとはこのポリラインの太さを決めて、オフセットを実行した後でポリラインに太さ設定をすればOKです。

このあたりの操作は正直なところ「ハッチング関連のTips」とは言い難いんですけど……

ここで説明が終わっても変な感じなので、ついでということで最後まで説明することにします。

 

一通りポリラインを作成した状態

 

現状はこのようにポリラインが作成された状態なので、この状態から最終段階までの手順を今回は説明します。

ハッチング境界からポリラインを作成

ハッチングの領域を簡単にオブジェクト化する、という機能を説明する為だけで前回の話が終わってしまいました。

あまり頻繁に使う機能ではないのに、話だけはやたらと長くなる、という状況はちょっと問題があります。

なので、今回は前置きも何もなしで具体的なオートキャド(AutoCAD)の操作説明に入りたいと思います。

まずはサンプルとして、以下のような平面図のゾーン分けがあったとします。

 

サンプル平面図

 

この図面は「見やすい図面の描き方」というサイトで説明をする際に使っている、実際には存在しない建物の平面図です。

平面図も使い回しで色の区分も今回は適当ですが、操作の手順説明には支障がないので良いですよね。

今回は、このハッチング範囲からポリラインを作成して、部屋の外周に太めの線で色をつけた状態にしてみます。

ハッチングのやり方と境界と

前回はオートキャド(AutoCAD)のハッチングに関するTipsとして、ハッチングパターンの交点が選択できない状態の解決方法を紹介しました。

交点が選択できない状態ですから、もちろん端点や中点なども選択出来ない状態で、地味に不便な場合があります。

ハッチング要素にオブジェクトスナップが効かない状態の方が、ムダがなくて作業しやすい場合もあります。

しかしそれと同じくらいの頻度で困る場合もあるので、設定を切り替えて対応していきましょう。

ハッチング関連のTipsは結構色々ありますが、今回はハッチング範囲を自動的に囲う機能を紹介します。

それほど頻繁に使う機能ではないんですけど、これを知っていたから楽に作業できた、という場合もあります。

まあ時々ですけど、機能を知っていれば色々と有利になる場面もあるので、この機能も一応知っておくことをオススメします。

ハッチングオブジェクトが選べない場合

オートキャド(AutoCAD)のハッチング機能を使って、建築のタイルとか天井の割付図を作成する。

これは結構便利な機能とかいうレベルではなくて、ハッチングを使わないと不便で仕方がない、というレベルの話です。

自分でハッチングパターンを作成することが出来ると、さらに便利さは増していきますが……

オリジナルを作れば作る程、一般的な使い方から離れてしまうという問題点もあります。

自分でハッチングのパターンを考えながら作っていくというのは、かなり面白いし便利な機能でもあります。

だけど、作成されたパターンを持っていないパソコンでは、ハッチングを編集出来ないという欠点があるんです。

もっと大きな欠点は「この人自分でハッチングを作るくらいマニアックなんだ……」と思われてしまうことですが。

まあそのあたりの話は、ハッチングのパターンを自分で作る方法について説明する機会が来たらすることにしましょう。

あらかじめ用意してあるハッチングパターンを使う際に、ハッチングパターンの交点などをピック出来ない現象。

今回はそうした問題点を解決する設定を紹介したいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ