サブスクリプションがある場合の選択肢

前回はオートキャド(AutoCAD)の2013について、ちょっと厳しい意見を書いてしまいました。

一方的な批判だけで終わってしまうというやり方は、個人的にはあまり好きではないんですけど。

それでも、操作の度に動きが遅いというのはCADとして致命的なので、書かない訳にはいかないという気持ちの方が勝ちました。

これはメーカーで実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってみて、何も感じなかったのかが不思議です。

次回のバージョンは来年に発売されて、恐らくオートキャド(AutoCAD)2014になるでしょう。

その新しいバージョンも似たような状況だったらどうしよう……と、今から余計な心配をしています。

今はある程度のシェアを持っているオートキャド(AutoCAD)ですけど、だからと言って安泰という訳じゃない。

少なくとも私はそう思っています。

だから、基本的な部分を疎かにしたバージョンを出し続けてていると、最終的には廃れるんじゃないかという気がします。

まあ気にしすぎなのかも知れませんけど。


■サブスクリプションがある場合

ちなみに今回のオートキャド(AutoCAD)2013が使いにくいという問題ですが……

毎年オートキャド(AutoCAD)のバージョンアップをしている人であれば、まだ状況はそれほど厳しくありません。

サブスクリプション契約をしていれば、2012バージョンを使い続けるという選択肢がありますから。

2013バージョンは諦めて、来年のバージョンアップに期待していればそれで実務に支障はありません。

まあ、サブスクリプションの費用が途轍もなく無駄に感じるという、精神的な支障はありますけど……

まあこれは我慢をすることしか出来ません。

そして、先程も書きましたが、2014バージョンが同じ状態だったらどうすれば良いのか、という心配もありますが。

これも、今から私が気にしてもどうにもならないので、今は期待をすることしか出来ません。

まあ要するに今は便利な2012を使いつつ、次のバージョンは大丈夫なことを期待するしかない訳です。

 

■もう少し待つという選択肢

でも、今年から新しく2013を買った方は、このバージョンで仕事をするしかない可能性が高いです。

それを考えると、とても暗い気持ちになってしまいます。

そういう状況の方ってたくさんいると思うんですけど、そのあたりをAutodeskは考えているんでしょうか。

もちろんサブスクリプション契約をしていれば、以前のバージョンを使うことも可能なので問題はありません。

でも、サブスクリプション契約をしていなくて、ソフトが2013のみの状況だと、かなり困ることになると思います。

そういう方や会社は、もうオートキャド(AutoCAD)は使わないとか思ってしまわないか……

ユーザーとしてはオートキャド(AutoCAD)が廃れてしまうと困るので、そこを非常に心配しています。

ということで、今現在オートキャド(AutoCAD)のバージョンアップを考えている方は、もう少し待った方が良いんじゃないかと思います。

2014が発売されて、その評判がまずまずであることを確認してから、バージョンアップの検討をする。

かなり寂しい話ですけど、それくらいで丁度良いはずです。

 

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ