印刷関連の操作を効率化する意味


このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の印刷に関連するTipsを色々紹介していこうと思います。

印刷関連…

まあちょっと地味な感じは否めませんが、直接図面を作図していく機能とは違う意味で、これもまた重要な機能なんです。

仕事というのは基本的に地味な改善の積み重ねですから、こうした部分を見直す事は決して無駄なことではありません。

この印刷操作を効率化しているかどうかによって、作業にかかる時間は結構変わってきます。

また、オートキャド(AutoCAD)で図面を作図しておきながら印刷は全然しない、という人は恐らくほとんどいないはず。

そんな訳で、印刷関連のTipsによって操作を見直す価値は充分にあると私は考えています。

これは私の周りだけかも知れませんが、今まで色々な人を見てきた中では、印刷の操作を色々変えている人はそれ程多くなかったです。

人がやっていない部分を改善することによって差を付ける。

これはオートキャド(AutoCAD)の操作に限った話ではなく、仕事全般にわたって言える話ではないでしょうか。

まあちょっと大げさかも知れませんが…

これから色々紹介していく印刷関連のTipsで、現状の操作が少しでも便利になれば嬉しいです。


■印刷機能の将来

オートキャド(AutoCAD)は図面を作図する為の非常に便利なツールですが、CADだけでは図面は完結しないことが多いです。

「今のところ」という表現が頭には必要だと思いますが、図面はあくまでも紙に印刷して使うもの。

だから印刷関連の作業はそこそこの割合で必要になってきて、それをTipsによって効率化するのは効果的。

という話が成り立つ訳です。

この先タブレットがさらに進化を遂げて、頑丈さと防水性に加えて紙のような薄さを持った時には、紙はその役割を終えることになるかも知れません。

あとはコスト的なハードルもありますよね。

恐らくその時期はもう少しだけ先の話で、今のところ図面は紙に印刷して使うことが圧倒的に多いはずです。

それに、自分が作図した図面に間違いがないかを確認する為には、やはり印刷した図面を机に拡げる方が確実です。

パソコンの画面上でチェックというのは、早さと正確性を考えるとあまりお勧めすることは出来ません。

■印刷関連のTips

まずは、印刷関連のTipsで紹介する予定の項目を、ここでざっと箇条書きしておくことにします。

・システムプリンタを非表示に

・選択するプリンタの種類

・PC3ファイルの効果

・用紙サイズをフィルタする意味

・白黒とカラー印刷の区分

・ペーパー空間と図面枠の関係と印刷機能

・パブリッシュ機能による連続印刷処理

・図面を印刷する前にやっておくべきこと

説明していきたい項目はこんな感じで、具体的な設定などの話は次回からやっていくことにしますね。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ