自動保存を実行する間隔


前回・前々回と、だいぶ余計な話をしてしまいました。

オートキャド(AutoCAD)のデータについて書き始めたのに、自動保存についての具体的な話に未だに触れることが出来ていません。

実際にどうなるかなどの話も、少しは役に立つ可能性もありますけど、そればかりでは意味がないですよね。

と言うことで、今回はオートキャド(AutoCAD)の自動保存機能についての設定を色々と紹介します。

強制終了で失うものは大きい


オートキャド(AutoCAD)で作図した図面のデータは、保存をしないままエラーで強制終了すると、今まで進めてきた内容が消えてなくなります。

消えてしまう時には、もう跡形もなく、というのがデータの大きな特徴です。

手描きの図面で例えると、作図をしている途中に原因不明のトラブルが発生して、今日作図した部分が白紙に戻る感じ。

……全然手描きのたとえになってませんが、まあとにかく半日頑張って作業した部分がゼロになってしまう訳です。

もちろん毎日エラーが出る程オートキャド(AutoCAD)は不安定じゃないですけど、これがまた絶妙なタイミングなんです。

例えば、作図が完了したからチェックをかける為に印刷をしたら、突然エラーで強制終了したり。

こうした事故は、時間的なロスも当然ありますが、それ以上に精神的なショックが大きいものです。

データの自動保存をお勧めるのは、そうした時間の無駄を省くことにプラスして、安心して作図できる状況を作るためでもあるんです。

その具体的な設定の前に、今回はオートキャド(AutoCAD)が落ちた時にどんな感じになるのかを考えてみたいと思います。

エラーによる強制終了に備えて


オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に、どんなデータの構成で作っていくか、という話はかなり重要なポイントです。

全て線分で作図するのか、連続した線であるポリラインを使うのか。

文字はダイナミックテキストで記入していくのか、それともマルチテキストを使うのか。

もっと基本的な話としては、無駄に線を重ねないで描くことと、線と線同士をきちんと付けて描くこととか。

同じ見た目の図面でもデータの内容がかなり違う場合もあって、どう作っていくのかは結構重要な要素になってきます。

それによって、その後データの編集がやりやすかったり、逆にとんでもなく不便だったりする訳です。

ただ、このカテゴリでは、それよりもっと基本的な話がテーマです。

・データの保護

・出来るだけ軽いデータ

これが出来てはじめて「綺麗なデータ構成」という話が出てくるので、まずは基本からしっかりと押さえておく方が良いと思います。

という事で、今回はオートキャド(AutoCAD)のデータを保護する為にやっておいた方が良い設定を紹介します。

CADデータ取り扱いの注意点


前回はオートキャド(AutoCAD)のデータについての基本的な話を取り上げてみました。

このカテゴリでデータについてのTipsを……とか思ったのですが、何というか、ごく普通の話しか思いつきません。

色々とデータについて書きたいことはあるんですけど、それが果たしてTipsと言えるかどうかあまり自信がないんですよね。

ただし逆に「こんなのはTipsとは言えない」という評価をするのも、それはそれで難しい話だと知っています。

結局は私が説明したい話を書いていくしかない訳で、それは充分に分かっているつもりなんですけど……

自分が既に知っていて当たり前のように使っている手順を「今回紹介するTipsは……」みたいに書くのは抵抗が大きいです。

「Tips」というタイトルを付けるだけで、細かい話がこんなに書きにくくなるとは思わなかった。

そんな経緯があるので、当サイトではところどころで「これをTipsというかは分かりませんが」みたいなエクスキューズが入ってます。

ちょっと鬱陶しいかも知れませんが、説明する方にもそんな事情があるので、多少は勘弁して頂けると助かります。

と、またしても前置きが長いですけど、今回はオートキャド(AutoCAD)のデータについての優先事項について書いてみます。

オートキャド(AutoCAD)のデータについて


このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)のデータ関連のTipsを取り上げようと思っています。

データの取り扱いというのは仕事をする上で重要な部分で、これがダメだとせっかく作図した図面も台無しになる可能性すらあります。

なので、ここでは「覚えておくとちょっと便利な裏ワザ」的な話ではなく「きちんと知っておきたい知識」という話になるかも知れません。

データの取り扱いが下手、という評価はどうやって付けられるのかというと、まあ今まで何をやってきたかによります。

単純なところでは、過去に何度かデータを消してしまった実績がある人などが、そうした評価をされるのだ思います。

あとは、最新データがどのフォルダにあるのかをしっかりと管理していない人なども、恐らくそうした評価を受けることに。

そうした人は基本的にあまり信用されない傾向にあるので、出来ればデータの管理はきちんとやっておきたいところです。

そういう癖を付けた方が仕事が楽だし、信用も得られるので、結局はそれが自分の為になる訳です。

特にデメリットもないことなので、データ管理については、慎重にやりすぎるくらいで丁度良いと思います。

今回はそんなオートキャド(AutoCAD)のデータについて、基本的な考え方について書いてみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ