オートキャド(AutoCAD)Tips集とは

はじめまして!

当サイト「オートキャド(AutoCAD)Tips集」では、オートキャド(AutoCAD)を使う上でのちょっとしたテクニックを色々紹介しています。

こうした「小ワザ集」的な内容は、オートキャド(AutoCAD)を効率的に使って仕事をしたい、と考えている方に向けて書いています。

少しでも作業効率を高めたいと考えている方にとって、何かヒントになるような内容を当サイトで紹介出来ればいいなと思っています。

とは言えそこはあくまでも「Tips」なので、操作の根本的な部分に関わるような内容の話ではありません。

中には有効なテクニックがあったとしても、ひとつひとつのテクニックで効率化するのはほんの少しでもあります。

しかし、それがほんの少しであったとしても、工夫することによって操作は確実に改善されていくものです。

オートキャド(AutoCAD)の操作には「誰も知らないような裏技」はなくて、操作スピードを高める為には少しずつの改善を積み重ねていくしかありません。

これは誰が見ても地味な作業です。

しかし地味ではあっても効果は確実で、地味でひとつずつの効果が小さい為、そこに注目しない人も多いです。

もちろんプロとしてオートキャド(AutoCAD)を使っている訳ですから、きちんと細かい部分を気にする人もいますが…

どんなに地味であっても確実に効果があるやり方を少しずつ積み重ねて、操作を効率化していくのがプロに求められることではないかと思います。

…ということで、当サイトでは色々なテクニックをカテゴリー毎に分類して紹介していますので、興味のあるところだけでも読んで頂けると嬉しいです。

このサイトの主旨などを書いているカテゴリから。

■はじめに

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていると、作図した線などを選択する機会がかなりあります。

そうした際に使いたいテクニックを以下のカテゴリでは色々書いています。

■オブジェクト選択のTips

オートキャド(AutoCAD)を操作する際には結構「Shift」キーを使用する機会があります。

これによってかなり操作の効率化が図れる場合もありますので、ここではそのあたりのテクニックを紹介します。

■Shiftキーを活用する

指定した範囲に網掛けをする「ハッチング」は、図面を作図する上でなくてはならない機能です。

この操作をスムーズにやっていくことで操作性はかなり向上するので、以下のカテゴリではそのあたりを取り上げています。

■ハッチング関連のTips

オートキャド(AutoCAD)の操作をカテゴリ分けするのは結構難しく、どこに入れれば良いか分からないようなテクニックについては、以下のカテゴリにまとめました。

後で見直してみると、あまり上手いこと分かれていない気もしますが…

■全般的なTips

 

オートキャド(AutoCAD)で作図する図面は、dwgという形式のデータでパソコン上に保存されます。

この扱いを間違えると大変なことになるので、データを守るという観点からも色々な対策が必要になってきます。

以下のカテゴリではそのあたりにフォーカスして色々話をしています。

■データ関連のTips

オートキャド(AutoCAD)にはポリラインという機能があって、これがなかなか使える奴なんです。

その活用方法などを以下にまとめています。

■ポリライン関連のTips

将来的には完全にペーパーレスになるかも知れませんが、今のところは完成した図面をプリンタで印刷する必要があります。

ペーパーレスになったとしても、画像データ化する為にはやはり印刷の操作をする必要があるので、少しでも印刷を効率化しておきたいところです。

特に連続印刷処理は作業効率化という意味では強力なので、もしやっていない方がいればぜひ試して欲しいです。

■印刷関連のTips

オートキャド(AutoCAD)の操作を効率化するには、CADの内部的な話だけではなく、周辺の環境も重要になってきます。

特にずっと手で触れているマウスの選定は重要な要素なのですが、なぜか気にしない人も多いです。

少しお金がかかる話にはなってしまいますが、操作効率をアップさせる為に出来る事ということで色々書いてみました。

■CAD以外で変えたいもの

最後のカテゴリは、オートキャド(AutoCAD)のプロとしてどのような考え方で仕事をすれば良いか、というあたりの話をしています。

管理人である私が一番伝えたいのは、上記で色々紹介しているTipsを覚えることではなくて…

というような説教くさい話を色々しています。

実際の仕事でオートキャド(AutoCAD)などを色々教える機会が私には結構ありますが、まあ嫌がられるのでここまでの話はしません。

そのかわりという感じで、ここで思っていることを色々書いていますので、興味のある方はどうぞ読んでください。

■おわりに

当サイトで書いているのは上記のような内容です。

もちろん全部を読んで参考にする必要はないです。

全ての方がこれを全部を読んで意欲的に実行されてしまったら、恐らく私の仕事上の強みが少なくなってしまいます。

…というセコい話はさておき、まずは興味のある内容を読んで頂けると、情報を発信している側として非常に嬉しいです。

高い向上心を持つ人が陥る問題点

オートキャド(AutoCAD)を効率良く操作する為には、Tipsと呼ばれるテクニックを覚えるのが近道です。

ただ、今まで色々と書いてきたように、TipsというのはあくまでもCADの操作を効率化するテクニックに過ぎません。

肝心なのはテクニックではなくて、操作する本人がそうしたテクニックを欲しているかどうか。

情報に飢えていない人にいくら貴重な情報を与えても、そこからは何もアイデアが生み出されることはありません。

必要なのは、実際にオートキャド(AutoCAD)を操作している人が、操作を効率化する手段に飢えていること。

自分のスキルを今のレベルに持ってくるまでに、相当の苦労があったとしても、そこで満足はしない方が良いです。

そうすることによって、常に情報に飢えた状態でいることが出来て、結果としてどんなに経験を積んだ状態でもスキルアップすることが出来ます。

そんな話を「最後に」という感じで前回したのですが、もうひとつ大事なことを書き忘れてしまったので、最後にそれだけ伝えておこうと思います。

CADのスキルアップに必要な要素

会社でオートキャド(AutoCAD)の操作を教える場合、私はあまり深く突っ込んだ説明をしないようにしています。

何故かというと、ほぼ大半の場合、相手はそこまで深い情報というか考え方などの情報を求めていないことが多いからです。

自分で考えて工夫をしていく人は私を踏み台にしてどんどん覚えていくし、そうでなければ逆に私が諦めてしまう、という感じです。

オートキャド(AutoCAD)のプロを目指すなら、全て自分で何とかした方が良い、と思っているというのもあります。

いくら口うるさく教えたとしても、結局自分で考えていないのであれば、教えてくれる人がいなくなった途端に自分なりに戻るだけの話ですから。

だからこそ考え方を教えるのではないか、という意見もありますけど、それも年齢によりけりではないかと思います。

確かに働き始めて間もないような若い方であれば、仕事に対する考え方はいくらでも変えていくことが出来ます。

だから良くなる可能性は高い、とか思ってしまい、色々と口うるさく言ってしまったことは結構ありました…

しかし一定の経験を積んだベテランの方であれば、もう自分のやり方や考え方が固まってしまっていることが多いです。

そこに私の考え方を色々説明しても、今までの経験上、あまり良い結果にならないことの方が多かったので、それなりの対応になるしかない訳です。

これは逆の立場で考えてみると結構怖いことですよね。

自分が何かを教わりたいと思ったとしても、年齢の問題で深く教わることが出来ない可能性が結構あるということですから。

こうした話は書いていくとキリがないので、今回あたりで終わりにしておこうと思います。

オートキャド(AutoCAD)のスキルを高めていく為に最も重要なものだと私が思っているものについて最後は書いてみます。

CADを覚えた後の問題として

オートキャド(AutoCAD)のTipsをネットで調べる方であれば、恐らく今のやり方を少しでも改善したいと考えているのだと思います。

そうした考え方を持って仕事をしている人はそれほど多くはありませんが、実際の仕事をしていく中で色々見てきました。

大抵の場合はテーマを持って仕事に取り組んでいるので、覚えるのが早いという特徴を持っています。

言われたことだけをやります、という感じの人と比べてしまうと、もう残酷なくらいに差が出てしまうんです。

そこから先は本当に色々ですけど、やっぱり一番多かったのは仕事を覚えていく中でCADだけでは物足りなくなるパターンでした。

会社としてその先の可能性を提示出来ていれば良いのですが、まあなかなかそんな理想的な話にはなりません。

会社はオートキャド(AutoCAD)を操作する人を採用する訳で、早く覚えることには協力する準備が当然あります。

早く覚えた方が会社にもメリットがありますから、そうした意欲がある人をサポートするのはごく自然のことでしょう。

しかしオートキャド(AutoCAD)を覚えた先にどうするか、というあたりの問題にはなかなか対処しにくい、というのが正直なところなのかも知れませんね。

それでもCADのスキルは強力な武器に

オートキャド(AutoCAD)の操作効率を高める為に、出来るだけ無駄を排除しながらスピードアップを図っていく。

そうした仕事のやり方をしていく内に、ある程度の期間で自分が思っていた目標となる地点に到達することが出来る、ということが見えてきました。

しかしそれは、決して満足という気持ちがあるだけではなくて、そこからさらに進歩するにはどうすれば良いのかについて考えさせられることにつながっていきます。

ちょっと皮肉な気もしますよね。

せっかく人よりも早く操作を覚えていき、作図効率とスピードを磨いてきた結果として、大抵の方に負けない操作スキルを身につけたのに…

それが原因となって「本当にオートキャド(AutoCAD)を使った仕事に進んで良いのか」という気持ちにもなってくるのですから。

前回はそんな感じで私の場合について話をしてきましたが、今回はその続きを書いていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ