ポリラインをオフセットすると…


ポリラインが持っている「複数の要素をひとつのポリラインとして扱える」という機能を活用して作図を効率化する。

前回はそんな内容の説明をしました。

このカテゴリではポリラインに関するTipsを紹介しているので、ついついポリラインを推してしまいがちですが…

色々なやり方がある中で、全てポリラインを使えば便利になるのか、というあたりを考えると…まあそれはちょっと言い過ぎだと思います。

色々な選択肢がある中で、場合によってはポリラインの機能が一番適切な場合もある、というくらいがイメージとしては近いかな。

だけど場合によってはポリラインがベストという場面もあるし、もちろんそうではなく別のやり方がベストの場面もある。

色々な使い方がある中で、それぞれの機能の特徴を掴んで、その場で最も適切な機能を選んでいく、という感じです。

これがオートキャド(AutoCAD)の使い方としてはベストではないか、と私は思っています。

そうした使い方をする為には、やはり使う側が色々な選択肢を持っていなければならないので、結局は一通り使いこなす必要がありますが。

まあオートキャド(AutoCAD)は仕事で使うツールなので、全部覚えるのは当たり前の話だと思います。

ちょっと話がそれましたが、今回はポリライン関連のtipsとして、まとめてオフセット処理が出来ることについて書いてみます。

ポリラインで要素をまとめる意味


今回はオートキャド(AutoCAD)のポリライン機能が持っている便利な使い方の中からひとつ。

「シンボル的な要素をひとまとめに」

これを紹介します。

ただ、単純に機能だけを紹介するだけならマニュアルにも出来るので、もっと具体的な説明を出来ればと思っています。

例えばどんな場面で使うのかとか、実際にはちょっと不便な部分もあるとか、その為に別の機能も考えるとか。

そうした部分も含めて説明をしていきますね。

ポリラインの具体的な活用方法


今までポリラインの特徴について詳しく説明をしてきましたが、そろそろ具体的なTipsの話に入ります。

・複数の線分、円弧を含んだ1つの要素として扱われる

・その要素に幅という設定を持たせることが出来る

・複数の要素からなる図形の長さや面積がすぐに分かる

今までしつこいくらい上記の特徴について話をしてきましたので、それぞれの特徴ごとに分類したTipsという感じで進めましょう。

それぞれの特徴毎にどんな便利な使い方があるのか、というあたりの話を今回はしてみたいと思います。

長さと面積の算出について


オートキャド(AutoCAD)のポリラインという機能が持っている特徴について今まで色々書いてきましたが、前置きはあと少しだけ続きます。

・複数の線分、円弧を含んだ1つの要素として扱われる

・その要素に幅という設定を持たせることが出来る

・複数の要素からなる図形の長さや面積がすぐに分かる

ポリラインが持っているこれらの特徴のうち、上の2つは既に説明してきましたので、今回は最後の項目「長さと面積」についてです。

この機能を知っているのと知らないのとでは、仕事の種類によっては非常に大きな差が出ると思います。

全然難しい話ではないので、「こんなことも出来るのか」程度でも覚えておくことをお勧めします。

幅という設定を持っている意味


前回は、ポリライン機能が持っている大きな特徴として、以下のような項目を挙げてみました。

・複数の線分、円弧を含んだ1つの要素として扱われる

・その要素に幅という設定を持たせることが出来る

・複数の要素からなる図形の長さや面積がすぐに分かる

これらの特徴を理解して使いこなすことが出来れば、オートキャド(AutoCAD)はもっと便利になるはず…

と言うことで「複数の要素を1つのオブジェクトとして扱うことが出来る」特徴を前回は具体的に説明しました。

今回はその続きとして、幅を持たせることが出来る特徴と、面積などの算出に活用出来る特徴について説明をします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ