ポリライン機能の特徴


オートキャド(AutoCAD)のポリライン機能で実現出来る便利な使い方について、前回は簡単に話をしてみました。

・要素をまとめることによる効率化

・図面の表現方法を増やす

・数量を算出する際に利用

これらの使い方を確実に理解する為には、やはりポリラインがどのような特徴を持っているのかを知る必要があります。

もちろん、CADの機能はあくまでも図面を作図する為の手段であって、機能を覚えること自体が目的ではありません。

それを勘違いしてしまうと、機能を覚えることが目的になってしまい、その機能を生かすことが難しくなってしまうことに…

それでは本末転倒ですよね。

「どうすれば効率よくオートキャド(AutoCAD)を使えるか」が目的ですから、その為の選択肢を増やす必要がある訳です。

そうした選択肢のひとつとして、ポリラインの機能を詳しく知っておくと有利、というような感じですね。

そのあたりに気をつけつつ、ここで簡単にポリライン機能が持っている特徴について説明をしてみます。

ポリラインを使って出来る事


このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)のポリライン機能を使ったTipsをいくつか紹介していこうと思います。

ポリラインという機能は、基本的には複数の頂点を持った折れ線を1つのオブジェクトとして作成することが出来る、というものです。

言葉だけでは分かりにくいので、ためしに線分と円弧の組み合わせ、そしてポリラインで作成した要素を比べてみましょう。

線分とポリラインの見た目

こうして見ただけでは全然違いが分かりませんが、一番上の線をピックしてみるとこんな状態になります。

見た目は同じでもデータとしては違う

線分の場合はピックした線分だけが選択された状態になり、ポリラインの場合は全部の要素が選択されているのが分かります。

これが線分とポリラインの大きな違いです。

ただ、ポリラインというのは単純に折れ線を1つのオブジェクトとしてまとめるだけの機能ではありません。

今回は最初ということで、ポリラインの一般的な特徴についてもう少し詳しく説明をしてみたいと思います。

自動保存ファイルの表示と拡張子


前回は自動保存ファイルの保管場所について話をしました。

いざ自動保存ファイルを必要とした時に困らないよう、あらかじめ場所を把握しておくか、もしくは保存場所を変更するという考え方です。

ただし前回も書きましたが、滅多に使わない自動保存ファイルを分かりやすくする為に、わざわざ保存場所を変えるのはちょっと…

ということで、今回はもう一方の考え方について説明します。

自動保存データからの復元方法


オートキャド(AutoCAD)は非常に便利なツールですが、コンピュータ内で様々な処理をする以上、電源がどうしても必要です。

どんなに大規模で複雑な図面でもきちんと処理できるのがCADの良いところですが、電源が供給されないとどうしようもありません。

コンセントが抜けてしまえばパソコンはただの重たい箱になってしまい、CADの画面もすぐに消えてしまいます。

停電や間違ってコンセントを抜いてしまったなどのアクシデントからデータを保護する為に、自動保存という機能を紹介してきました。

自動保存は滅多に役立つ機能じゃないし、出来ればずっと役に立たない方が良いというような位置づけの機能です。

でも、怪我とか入院をした時の保険と同じように、いざという時に非常に役に立ってくれる存在でもあります。

今回はそんな自動保存機能で作成されたデータを、実際に復元するにはどうすればいいか、という説明をします。

自動保存の設定方法


オートキャド(AutoCAD)で作図している図面データを保護する為に、自動保存機能を使うことを当サイトではお勧めしています。

自動保存は確かにをとても便利なんですけど、実行する際に少しだけ操作が途切れる感じになってしまう、というちょっと困った特徴があります。

図面のボリュームによって保存にかかる時間は少しずつ違って、当然線がたくさん作図されている図面の方がより時間がかかってしまう。

自動保存という機能自体は非常に便利なのですが、あまり頻繁に実行してしまうと効率が悪くなる場合もあります。

ただ、自動保存の設定をきちんとやっておくことによって、少し悪くなる効率と引き替えに得られるものは結構大きいです。

例えばの話ですが、停電などのアクシデントのよって、今まで作図してきた図面のデータがどこにもなくなってしまう。

こんな冗談みたいなシチュエーションは、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしていると時々あります。

そうなると、今まで細かく作図してきた図面をもう一度同じくらいの時間をかけて描き直す必要がある訳です。

このようなやり直し作業が全く無駄とは言いませんが、限りなく無駄に近い作業ではないかと思います。

しかし、自動保存の設定をしておくことによって、描き直す為に必要な時間を少なくしてくれる、あるいはなくしてくれる。

結果的には仕事で最も貴重な「時間」を守ってくれる機能なので、効率が悪くならない程度の間隔に設定しておくことを私はお勧めします。

少々前置きが長くなってしまいましたが、今回はそんな自動保存の設定方法について具体的なやり方を解説していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ