雲マークと寸法スタイルの関係


前回はオートキャド(AutoCAD)の雲マーク機能について、基本的な機能や適切な大きさなどを紹介しました。

雲マークというのは円弧の図形が連続で並んでいる図形で、その円弧で囲っている範囲を示す為に使われます。

「ここが変更になりました」とか「ここがまだ決まっていません」ということを図面上で明確にする。

これが雲マークの役割ですから、図面を印刷した際に円弧がどの程度の大きさで見えるのかは結構重要な要素だったりします。

細かい円弧をいくら連続させても、小さすぎて見えなければ雲マークとして認識されることはありません。

円弧が大きすぎれば、それはそれで分かりにくい状態になってしまい、やはり雲マークとして認識されません。

なので、縮尺によって決めた文字のサイズ程度、という雲マークの円弧長さというのは割と重要な設定になってくるんです。

こうした見た目としての設定を踏まえて、今回の雲マーク関連のTipsを取り上げてみたいと思います。

雲マークの基本設定と円弧サイズ


今回紹介するオートキャド(AutoCAD)のTipsは、図面を描く際に結構使われる「雲マーク」関連です。

「雲マーク」という名前がピンと来ない方もいるかも知れませんが、とりあえずオートキャド(AutoCAD)では正式な呼び方になっています。

ヘルプでもこんな感じに表現されています。

雲マークの簡易ヘルプ

呼び方に関しては、作図された形状を見れば何となく納得出来るのではないかと思います。

子供がお絵かきで描く雲の形ですよね、これは。

ということで、図面を描いている方であれば恐らくほとんどの方が見たことがある雲マークについて、少しだけ便利な使い方を説明してみたいと思います。

ポリライン関連のまとめ


ポリラインを使った便利な操作について色々と取り上げてきましたが、そろそろ次の話題に進んでいきたいところです。

まだまだ紹介したいオートキャド(AutoCAD)の便利な操作は色々とあるんですけど、なかなか次に進めることが出来ません…

が、本当にポリラインの話はこの辺で終わりということで、最後に少しだけまとめ的な話をしてみたいと思います。

グリップ編集による頂点追加のルール


前回紹介したポリラインの頂点を編集する「グリップ編集」

これは驚くような便利な機能ではないのですが、地味に使用頻度が高く、少なくとも私はよくお世話になっています。

PEDIT(ポリライン編集)の「頂点編集」を使えば同じことが出来ますけど、ポリラインを選択して制御点を選ぶだけの方が簡単です。

簡単というのはつまり「手間が少なくて楽」ということで、同じ事が出来るなら簡単な方が良いんです。

だから使用頻度が高い。

こうした操作のバリエーションを色々持っておくと、自然とオートキャド(AutoCAD)の操作は早くなるはずです。

操作の方法には少しずつ個人の好みがありますけど、それぞれの好みに合わせて便利なやり方は用意されています。

このあたりの懐の深さというか自由度の高さこそが、オートキャド(AutoCAD)の優れたところではないかと思います。

さて、今回はグリップ編集の動きとポリライン作図の関係について、もう少しだけ話をすることにします。

ポリラインのグリップ編集


オートキャド(AutoCAD)の便利な機能のひとつ、ポリラインの活用方法について今まで色々と説明をして来ました。

使いどころに少し悩むこともありますが、上手いこと使うと結構作図や修正が楽になる、というのがポリラインの良いところ。

どんな使い方をするかは作図する人によって少しずつ違ってきますが、それはある程度仕方がないことです。

作図する人が皆まったく同じやり方をしている、というのはまずあり得ない事ですから、ある程度は割り切って自分流を探しましょう。

このやり方だけが完全な正解、というのはないので、自分で色々と工夫をして「自分だったらこう」と言えるやり方を探すしかない。

これが現実です。

大抵の人は自分と違うやり方をしているからこそ、その人のやり方が参考になったりする訳です。

自分のやり方を磨きつつ、他の人のやり方から良いところを吸収することを忘れない、というのが理想的なスタンスだと思います。

ベテランになればなる程、自分流に固執してしまい、人のやり方から何かを吸収する、という姿勢を忘れがち。

これは私も含めて気をつけないといけないことです。

さて…ちょっと話がそれてしまいましたが、ポリライン関連のTips最後のまとめの前に、簡単な頂点編集を軽く紹介しておきます。

これは既にご存じの方がほとんどかも知れませんが、知っているのと知らないのとでは操作手間に大きな差が出てしまいます。

確認の意味もあるので念のために取り上げてみます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ