単独のテンキーを用意するメリット

キーボードを高性能モデルに変えることによって、キー入力速度が上がって若干オートキャド(AutoCAD)の作業効率がアップします。

ただし高性能キーボードは1万円前後比較的高額な商品ですから、かかる費用は決して安いものではありません。

それに対してどの程度作業が効率化されるか、というあたりをマウスと比べてしまうと、あまり効果的とは言えないかも知れません。

これは少々悩んでしまうところです。

値段は少し張るけれど一度買えばずっと使えるし、少しでも効果があるならキーボードを変えた方が良い。

対費用効果を考えると、通常のキーボードでも充分仕事での使用に耐えられるので、無駄な出費は避けた方が良い。

キーボードに対する考え方は上記のいずれかになりますが、どちらの考え方も不正解ではありません。

どちらが自分にとって良いのかを考えてみて、それで下す判断であれば不正解であるはずはないですから。

今回はキーボード関連の続きということで、テンキーを追加することで得られる効率化について考えてみたいと思います。

キーボードを自分好みに変えるか

オートキャド(AutoCAD)を便利に使う為には、CAD内の設定だけではなくマウスの機能にも注目した方が良いです。

という話で前回は、マウスの追加機能についていくつか注目してみたい部分を紹介してみました。

私の考え方が絶対に正解とは言いませんが、パソコンを購入した時に付属してくるマウスをそのまま使うのはやめた方が良いです。

色々試してみた結果、最終的に付属していたマウスが最も使いやすかった、という話であればそれで良いと思います。

だけど特に何の疑問も持たず、そこにあったマウスを何となく使っているのなら、それはちょっと工夫が足りないと言わざるを得ません。

マウスに追加ボタンがあるかどうかが重要なのではなく、効率良く仕事をする為に今のマウスで良いのか? と考えることが重要なんです。

これはTipsの基本的な考え方にも通じるものがあります。

色々な設定を変えることに意味があるのではなく、効率良くオートキャド(AutoCAD)を使う為に色々設定を試してみることに意味がある、というのと同じです。

ちょっと偉そうなことを書いてしまいましたが、今回はマウスの次ということでキーボードを取り上げてみたいと思います。

追加ボタンのあるマウスを使う理由

オートキャド(AutoCAD)を効率良く使うにあたり、前回はマウスに求められる性能にはどんなものがあるのかを紹介しました。

図面を作図する際にはほぼずっと触れていることになるマウスですから、多少値段が高めであっても充分ペイ出来る。

少なくとも私はそんな判断でマウスを選定しています。

探していけば1000円を切るマウスはたくさん見つかりますから、安さを求めていけばかなり安いマウスを購入することが出来ます。

しかしそうした安価なマウスは基本的にあまり高性能ではなく、何となく使えるというところを目指しているものです。

もちろんそれが悪い訳ではなく、オートキャド(AutoCAD)を操作することは充分に出来るのですが…

安価なマウスでもそれなりに操作が出来てしまう、というあたりがちょっと困る部分でもあります。

実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってみて、一般的なマウスが非常に不便という訳でもないんですよね…

もっと便利に使えるマウスが他にもあるというだけの話で。

今回はそんな話の続きということで、マウスを選定する上でこれは押さえておいた方が良いという性能を紹介します。

マウスに求められる性能を考える

オートキャド(AutoCAD)で効率良く図面を作図していく為には、色々な機能を知ったり設定を調整する必要があります。

それと同時に、実際に図面を描く為に動かす道具であるマウスにも、ちょっとしたこだわりが欲しいところです。

・レーザー式

・コードレス

・追加ボタンあり

作図を効率化する為に必要なマウスの性能として、前回は上記のような項目を紹介しましたが、パソコンを購入した時に付属してくるマウスはそこまで高性能ではないことが多いです。

これは、オートキャド(AutoCAD)の作業効率化を目指す場合には、新しくマウスを購入しないといけないことを意味します。

今現在使っているマウスがあるにも関わらず、新しいマウスを購入するというのは、ちょっと無駄に感じてしまうかも知れません。

しかし、上記のような機能を持ったマウスを使うことによって、少しでも効率良く作図をしていくことが出来れば…恐らくマウスを新しくすることによる投資の意味はあると思います。

新しいマウスを自分で購入するのか、それとも会社で購入するのかは人によって変わってくるでしょう。

仮に自分でマウスを購入するしかない状況であっても、その後の効率化を考えればその価値はあるかも知れません。

実際に購入して使ってみたら、今ひとつ使いにくくて効率アップしなかった、という結果になったら勿体ないので、今回は自分に合ったマウス選定の為の簡単なポイントについて説明をしてみたいと思います。

図面作図の為に必要なマウス

その昔、図面はオートキャド(AutoCAD)ではなく自分の手で描くのが当たり前のことでした。

CADの存在がなくてはならないものになってからずいぶん経つので、かなり昔の話になってしまいましたが…

手描きでは自分の手で線を引いていく訳ですから、指先の微妙な感覚が結構重要になっていました。

細い線を引くためにはペンを回しながら引くとか、そうしたテクニックもあったりして、描く人の腕の見せ所が多かった気がします。

もちろんCADになった今でも、作図する人によって完成する図面のクオリティは違うし、図面を見せる為のテクニックも色々ありますが…

手描きの時代に比べると少し使うテクニックは違い、そんなに手先の熟練は必要ないというあたりがCADの大きなメリットでしょう。

オートキャド(AutoCAD)で図面を作図する際に、手描きで言えばペンにあたる道具がマウスです。

それ程手先のテクニックは必要ないとは言え、作図をするにあたってマウスが果たす役割はやはり大きいです。

と言うことで、今回はオートキャド(AutoCAD)で図面を作図する際のマウス選定について、思うことを色々書いてみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ