強制的な半径0のフィレット

前回は線分を伸ばしたり切り取ったりするコマンド、TRIMとEXTEND機能を使う際のTipsを紹介しました。

[Shift]を押しながらクリックすることで、TRIMコマンドでも線を伸ばすことが出来る。

逆に、EXTENDコマンドでも線を切り取ることが出来る、というのは結構重宝する機能です。

ただ、そういう操作を意識しておかないと、一度TRIMを終了してEXTENDコマンドを実行したりします。

まあこれは慣れもあるんでしょうけど、最初のうちはこの機能を知っていても全然活用することが出来ませんでした。

無意識にコマンドを実行出来る方はなおさら、自分の操作方法を変えるような感じがするはずです。

でも、一度この操作に慣れてしまえば、こんどはその操作を無意識にできるようになって楽になるはずです。

オートキャド(AutoCAD)では結構[Shift]を押しながらクリック、という動作で出来ることは色々あります。

[Shift]キーはキーボードの場所的にも押しやすい位置にあるので、積極的に使って行きたいところ。

今回はフィレットコマンド(FILLET)を実行する際に使える[Shift]の使い方を紹介しましょう。


■フィレットコマンド

オートキャド(AutoCAD)のFILLETコマンドというのは、線と線の角を丸める機能を持ったコマンドです。

例えば下図のような図面があったとします。

 

サンプル図面

 

ここで青と緑の線を10mmの半径でフィレットすると、こんな感じに丸めの処理をやってくれます。

 

半径10mmでフィレットしてみた

 

これがフィレットの基本的な機能ですが、これよりもっと頻繁に使うのが、フィレットの半径を0にして線をつなげるという機能。

先ほどの例で言えば、半径0のフィレット処理はこうなります。

 

フレット半径0の処理

 

角を丸める処理よりも、線と線をコーナー形状にする処理の方が、図面を描く際にはよく使いますから、これはかなり重宝するはずです。

ここまでは普通の話です。

 

■強制的な半径0

フィレットの半径を一度設定したら、もう一度設定するまでその数値はずっと固定になります。

だからオートキャド(AutoCAD)の操作としては、半径0に設定をしておく場合がほとんどだと思います。

でも、時々半径を設定した状態になっていて、線をくっつけるつもりが丸めてしまったという事もあります。

そんな時には、2本めの線を選択する際に[Shift]を押しながらクリックがお勧めです。

そうすると、強制的に半径0のフィレットが実行されるんです。

今のオートキャド(AutoCAD)は、フィレットコマンドを実行する際に、2点めの線にカーソルを持って行くと結果の予想が表示されます。

 

半径10mmのフィレット予測

 

半径10mmのフィレットはこんな感じになりますよ、という表示がありますが、ここで[Shift]を押しながらクリックすると……

 

Shiftを押しながらだと半径0になる

 

このように、予想に反してコーナー処理された状態にしてくれました。

まあそもそも最初から半径ゼロにしておけば良いという話もありますが、知っておいて損はない機能だと思います。

 

 

 

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ