直交モードを一時的にONにする方法

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)を操作する際に助けになる「Shiftキー」をクローズアップしてみます。

前回オブジェクト選択のTipsでも、[Shift]を押しながら選択でオブジェクト除外になる、というTipsを紹介しました。

これも知っていれば非常に便利な反面、知らないままだとかなり不便な状態になってしまいます。

別の操作があることを知らない訳ですから、それが不便だということにも気が付いていない状態。

そう言った方が正確かも知れません。

とにかく、そうした「知らないと不便な操作」というのは、オートキャド(AutoCAD)には結構あるんです。

今回取り上げる[Shift]キーを使った操作でも、そういう細かい話が幾つかあったはず。

ということで、このカテゴリでは[Shift]キーに関連した、ちょっと便利な小技を色々紹介していきます。

知っている方は軽く流してくださいね。


■直交モードの存在

オートキャド(AutoCAD)には、線を水平垂直に引く為の機能として、直交モードという概念があります。

直交モードをONにしておくと、マウスをどこに動かしても水平垂直な線を引くことが出来る。

そういう有り難い機能です。

オートキャド(AutoCAD)の初期設定では[F8]キーを押すことで、直交モードのONとOFFを切り替えることが出来ます。

これはかなり重要な、そして無くてはならない機能です。

オートキャド(AutoCAD)で図面を作図していく中で、かなり頻繁にONとOFFを切り替える事になるはず。

それくらい重要な機能ですが、頻繁に切り替えが必要な機能なのに[F8]キーって微妙に遠いですよね。

マウスを右手で使う方の場合、左手は自然とキーボードの左側に添えられる状態になります。

その場所から何度も[F8]キーを押すのは、面倒くさいとは言いませんが、少し無駄が多い気がしませんか?

 

■一時優先キーを使う

そうした時に有効なのが、特定のキーを押しっぱなしにするという「一時優先キー」という機能。

特定のキーを押しっぱなしにしている時だけ、設定してある機能が有効になる、というなかなか便利な一時優先キー。

今回紹介するのは、[Shift]を押しっぱなしにしている時だけ強制的に直交モードがONになる、という機能です。

これは結構便利ですから、一度試してみることをお勧めします。

例えばオートキャド(AutoCAD)で線を引きたい場合、まずは線の始点を画面上から指定をします。

 

オートキャド(AutoCAD)で線を引く時

 

直交モードがOFFになっていると、線の終点をどこに指定しても、水平垂直の線を引くことは出来ません。

だけどここで[Shift]を押すと……

 

強制的に直交モードがONになる

 

動画じゃないので伝わりにくいですけど、押している時だけ直交モードがONになってくれました。

[Shift]を押してから直交モードが強制ONになるまでに、一瞬のタイムラグがあるのが困る場合もありますが。

それでも、かなり便利な機能なので、私は他の一時優先キーも含めて結構愛用をしています。

 

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ