ポリラインのグリップ編集


オートキャド(AutoCAD)の便利な機能のひとつ、ポリラインの活用方法について今まで色々と説明をして来ました。

使いどころに少し悩むこともありますが、上手いこと使うと結構作図や修正が楽になる、というのがポリラインの良いところ。

どんな使い方をするかは作図する人によって少しずつ違ってきますが、それはある程度仕方がないことです。

作図する人が皆まったく同じやり方をしている、というのはまずあり得ない事ですから、ある程度は割り切って自分流を探しましょう。

このやり方だけが完全な正解、というのはないので、自分で色々と工夫をして「自分だったらこう」と言えるやり方を探すしかない。

これが現実です。

大抵の人は自分と違うやり方をしているからこそ、その人のやり方が参考になったりする訳です。

自分のやり方を磨きつつ、他の人のやり方から良いところを吸収することを忘れない、というのが理想的なスタンスだと思います。

ベテランになればなる程、自分流に固執してしまい、人のやり方から何かを吸収する、という姿勢を忘れがち。

これは私も含めて気をつけないといけないことです。

さて…ちょっと話がそれてしまいましたが、ポリライン関連のTips最後のまとめの前に、簡単な頂点編集を軽く紹介しておきます。

これは既にご存じの方がほとんどかも知れませんが、知っているのと知らないのとでは操作手間に大きな差が出てしまいます。

確認の意味もあるので念のために取り上げてみます。

リージョンを利用した面積算出


ポリラインを使って面積や長さを出す為には、確実に算出したい部分を囲ってあげる必要がある、という話を前回は取り上げました。

変にポリラインを重ねてしまうと、長さが増えてしまい面積もおかしくなってしまうので、正確な数値ではなくなってしまう。

数量を算出する際に「正確ではない」というのは致命的ですから、それだけは避けないと仕事になりません。

オートキャド(AutoCAD)が自動で計算してくれる面積は合っている、という前提で仕事を進める為に、そこはきちんと押さえておきましょう。

ポリラインの距離と面積を確認する際には、前回の手順でやってみたようにオブジェクトプロパティを利用するのが便利です。

ただしこのやり方だと、ひとつのポリラインの面積や長さしか分からない、というのが微妙に不便だったりします。

面積や距離を計測する場面では、複数のポリラインの面積を一気に出したい、ということもあるんです。

その場合はもう一手間が必要になってきますが、それぞれの面積や距離を自分で計算する必要はありません、

今回はその場合の手順について説明をしてみます。

ポリラインで距離や面積を出す時の注意点


複数のオブジェクトをひとつの要素として扱うことが出来る、というポリラインの特徴を上手く使うと、面積や距離を簡単に算出することが出来ます。

自動的に計算してくれるのは非常に便利だし、コンピュータだから計算間違いをしないので、積極的に使っていきたいところです。

ただし、自動的に算出してくれるのは助かりますが、そこに不安要素がない訳ではありません。

オートキャド(AutoCAD)がポリラインを利用して自動的に計算してくれる面積や距離は本当に合っているのか?

…という、そもそも的な問題がある訳です。

自分で計算したのであれば、計算ミスをする場合は別ですが、基本的に大きく間違えることはないでしょう。

しかし、CADが自動でやってくれるものについてのチェックというのは、なかなかやりにくいものがあります。

そんなチェックをするのは時間の無駄ですし、チェックの為に自分で計算をするのであれば、最初から自分でやった方が早い。

なので、基本的にはオートキャド(AutoCAD)を信じるしかない、というのが現実になってきます。

自動的に計算してくれる数値を信じる為には、元になるポリラインをきちんと作成しておく必要があります。

ポリラインをきちんと作成、というのはかなり漠然としていて分かりにくいので、今回はそのあたりについて具体的に説明をします。

ポリラインで出来る数量の算出


ちょっと長くなってしまいましたが、ポリラインの特徴である「太さを持たせる」機能とその使いどころを色々と紹介してきました。

困った事に、オートキャド(AutoCAD)を使って作図する図面の表現には「こうしておけば間違いない」という絶対的な正解がありません。

そういう指針みたいなものがあれば作図する側も楽なんですけどね。

簡単に言ってしまえば「間違えのない図面」でなおかつ「見やすい図面」であればOKという、かなり大雑把な要望しかありません。

こうした漠然とした要望に応える為に、オートキャド(AutoCAD)の様々な機能を駆使して図面を作図していく。

これが図面を作図するプロの仕事になります。

要望に応える図面のレベルに達する為に、様々な場面にあわせてオートキャド(AutoCAD)の機能を使い分ける工夫が必要です。

工夫というと曖昧な表現になってしまいますが、要するにその場面で最も適した操作を選んでいくということ。

まあ書いてしまえばシンプルなことなんですけど、その為には操作する側の引き出しが多い方が良いですよね。

だからこそ、たくさんあるオートキャド(AutoCAD)の機能を一通り覚えておいた方が有利だし、当サイトで紹介しているようなTipsを知っている方が有利なんです。

ということで、ポリラインを活用したTipsの続きとして、数量の算定についての話をしてみたいと思います。

フィットカーブで円を作成する方法


前回は円をポリラインにする方法をいくつか紹介して、正方形の角を丸めて円に見せる具体的な手順を紹介しました。

このやり方は手軽で楽なんですけど、作成する正方形の一辺と角丸めの数値をきちんと計算しておく必要があります。

適当に作成した四角形では、厳密な円にすることが出来ない、というのが難点ではありました。

・正方形をフィットカーブに変更

・円弧を2つ組み合わせる

なので今回はそれ以外のやり方ということで、上記の2つについて具体的なやり方を紹介していこうと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ