「ポリライン関連のTips」の記事一覧(2 / 4ページ)

ポリラインで出来る数量の算出

ちょっと長くなってしまいましたが、ポリラインの特徴である「太さを持たせる」機能とその使いどころを色々と紹介してきました。

困った事に、オートキャド(AutoCAD)を使って作図する図面の表現には「こうしておけば間違いない」という絶対的な正解がありません。

そういう指針みたいなものがあれば作図する側も楽なんですけどね。

簡単に言ってしまえば「間違えのない図面」でなおかつ「見やすい図面」であればOKという、かなり大雑把な要望しかありません。

こうした漠然とした要望に応える為に、オートキャド(AutoCAD)の様々な機能を駆使して図面を作図していく。

これが図面を作図するプロの仕事になります。

要望に応える図面のレベルに達する為に、様々な場面にあわせてオートキャド(AutoCAD)の機能を使い分ける工夫が必要です。

工夫というと曖昧な表現になってしまいますが、要するにその場面で最も適した操作を選んでいくということ。

まあ書いてしまえばシンプルなことなんですけど、その為には操作する側の引き出しが多い方が良いですよね。

だからこそ、たくさんあるオートキャド(AutoCAD)の機能を一通り覚えておいた方が有利だし、当サイトで紹介しているようなTipsを知っている方が有利なんです。

ということで、ポリラインを活用したTipsの続きとして、数量の算定についての話をしてみたいと思います。

フィットカーブで円を作成する方法

前回は円をポリラインにする方法をいくつか紹介して、正方形の角を丸めて円に見せる具体的な手順を紹介しました。

このやり方は手軽で楽なんですけど、作成する正方形の一辺と角丸めの数値をきちんと計算しておく必要があります。

適当に作成した四角形では、厳密な円にすることが出来ない、というのが難点ではありました。


・正方形をフィットカーブに変更

・円弧を2つ組み合わせる


なので今回はそれ以外のやり方ということで、上記の2つについて具体的なやり方を紹介していこうと思います。

円をポリラインで太くする方法

ポリラインが持つ「線に太さ設定を持たせることが出来る」機能を使い、メリハリのある図面を作成する。

そんな話を前回は紹介しました。

図面タイトルを太くしたり、矢印をポリラインで簡単に作成したり、雲マークを太く目立たせたり。

まあちょっと細かすぎる話かも知れませんが、こうした気配りで図面は結構見やすくなるものなんです。

表現方法に「こうしておけば間違いない」という正解はないですから、ポリラインを使えばそれで良いという訳ではないですけど…

図面を見やすくする手段のひとつとして、ポリラインを上手く使ってあげるのが良いんじゃないかと思います。

今回はそんなポリライン活用Tipsの続きとして、太くて目立つ円を作成する方法を紹介します。

ポリラインで矢印と雲マークを

前回はポリラインに太さを持たせる場合について、以下のようなシチュエーションを紹介しました。


・図面タイトル

・矢印などの説明要素

・雲マーク

・ポイントとなる部分を囲む円


図面タイトルを目立たせる為にポリラインを使う、というところまで前回は説明をしましたので、今回はその続きからです。

ポリラインの太さを設定する場面

ポリラインについての説明が結構長くなってきましたが、まだもう少し解説したいことが残っています。

分かりやすくきれいにまとめるのは本当に難しい…

複数の線分や円弧をひとつの要素としてまとめることが出来る、というポリラインの活用方法についての説明は終わりました。

地味なTipsばかりという気もしますけど、少しずつ便利な使い方を重ねることで他の人と差を付けることが出来るんです。

非常に便利な機能を覚えて一気に便利にする、という方が簡単で手っ取り早いんですけど、まあ現実はそんなに上手くはいきません。

覚えるだけですぐに効率が良くなる!みたいな機能があったとしたら、それはオートキャド(AutoCAD)を使う全員が覚えますから。

全員が知っている機能では差がつくことはないですよね。

だからこそ、こうした地味な改善を少しずつ積み重ねていくことで、他の人と差を付けていくしかないんです。

分かりやすくて簡単なら誰しもがやるけれど、地味で細かいことだから誰もがやる訳ではない、というところがポイント。

それを積み重ねることでかなりの無駄を省くことが出来る、というのは誰もが知っていることではありません。

このサイトで色々書いているのは、こうした細かくて地味なことばかりですけど、そこに大きな価値があると私は信じています。

と、ちょっと話が脱線してしまいました。

今回は、オブジェクト自体に太さを設定することが出来る、というポリラインの活用方法を取り上げてみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ