「全般的なTips」の記事一覧(2 / 4ページ)

最初に設定をしておくメリット


前回はオートキャド(AutoCAD)の機能、ダブルクリック編集機能についての簡単な説明をしました。

キーボードやマウスなどでコマンドを実行する手順を省くことが出来る為、スムーズな操作が可能。

そんなダブルクリック機能を最大限に活用する為には、ある程度自分で設定を考えておく必要があります。

もちろん結果的にはオートキャド(AutoCAD)が用意している初期設定が最も使いやすいということもあるとは思います。

しかしそうなる前には、ユーザー側でどんな設定が便利なのか、一通りの設定を確認しておいた方が良いです。

これからずっと使う設定だから、最初に多少時間をかけて確認をしたとしても、時間的には充分にペイ出来るはずですから。

それよりも、とにかくオートキャド(AutoCAD)を操作することに目がいってしまい、便利に使うことを意識しない方が結果的には非効率的です。

このあたりの話は、ビジネス書などを読むと時々出てくる、木こりと斧の例え話に似ているかも知れません。

ちょっと話はオートキャド(AutoCAD)の操作から脱線しますけど、少しだけそんな木こりの話をしてみます。

ダブルクリック編集とは何か


オートキャド(AutoCAD)の便利なところは、ユーザーによって色々な使い方で操作が出来るところ。

まあそれが「設定が多くて訳が分からない」という話になる危険性もありますが、少なくとも私はそこを便利だと感じています。

「このやり方しかありません」と言われるよりも、「この中から好きなやり方を選んでください」と言われる方が嬉しい。

そう感じてしまうのは、もう性格的に仕方がないというか、そうした気質はもう変えることが出来ないものだと思います。

性格的な話はさておき、色々な選択肢の中から自分なりのやり方を選べるというのは、少なくとも悪いことではないですよね。

複雑で分かりにくいのがデメリットと言うのであれば、オートキャド(AutoCAD)ユーザー側が少し努力すれば良いだけの話です。

まあそう簡単に言うなよ、という意見もありますけど。

オートキャド(AutoCAD)はプロとして使うツールですから、マスターするまでにはある程度の努力が必要なはず。

確かに最初のハードルは高いかも知れませんが、それを乗り越えれば、その後は非常に便利なツールとして役に立ってくれます。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが……

今回オートキャド(AutoCAD)のTipsとして取り上げたいのは、そんな便利な機能のひとつ、ダブルクリック編集という機能です。

画面分割の具体的な手順


オートキャド(AutoCAD)の作業領域が広い場合、作業領域を分割した方が便利な場合がある。

前回はそんな話を取り上げて、どんな状況でそうした設定が生かされるのか、という部分まで説明をしました。

ただ、例によって話が長いので、オートキャド(AutoCAD)上での具体的な設定について触れることが出来ませんでした。

なので今回は引き続き、作業領域を分割する設定の手順について、画像を交えて説明していきます。

この作業画面分割のやり方を覚えると、作業がかなり楽になる場面がきっとあるはずです。

毎回その設定にするかどうかは正直言って微妙なところですが、やはり操作の選択肢は多い方が有利ですから。

画面移動の頻度について考える


このカテゴリの最初の頃に、作業領域を出来るだけ広くする目的で大きめのディスプレイを用意する、という話をしました。

もちろん限度はありますけど、作図する為の作業領域というのは広い方が効率の良くなる傾向にあります。

画面自体が大きければ作業の為の領域は大きくなって、それが作業効率に良い影響を与える、という理屈です。

これは特に細かいこだわりがない限り、大抵の方に当てはまる話ではないかと思います。

そして、大きめのディスプレイを購入する為の金額というのは、今はそれほど多額ではないというのもポイントです。

少しの効率化を実現する為に、大きな投資が必要という場合もあって、そういう場合は慎重な検討が必要になります。

しかし2万円前後で作業領域が大きく変わってくるのなら、それはかなり前向きに検討しても良いと思います。

と、ここまでは今まで話をした内容ですが……

24インチとか27インチなど、大きめのディスプレイを利用する場合のTipsを今回は紹介します。

クイックプロパティの表示項目設定


オブジェクトプロパティ管理を表示させつつ、もっとシンプルで便利なクイックプロパティも併用する。

オートキャド(AutoCAD)を使う際に、線分などの設定をコントロールする為にはこのやり方がお勧めです。

というような話を前回までにしてきました。

ただ何というか、確かにクイックプロパティは便利な機能なんですけど、これはあまりにも普通のやり方です。

わざわざ当サイトで紹介するような内容かどうか、正直言ってかなり迷う部分もありました。

普通にクイックプロパティを表示して、それを使っていきましょうでは、ちょっと情報としては弱いかも知れません。

ということで、今回はクイックプロパティについて、もう少し突っ込んだやり方を紹介してみたいと思ってます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ