「オブジェクト選択のTips」の記事一覧(2 / 2ページ)

クイック選択で絞り込む方法

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に、オブジェクト選択をする機会は結構たくさんあります。

消したいオブジェクトはどれなのか、移動したいオブジェクトはどれなのか、などなど……

線を引くなどの作図系コマンド以外のコマンドでは、既に作図した要素を編集することが多いんです。

だから、オブジェクト選択をスムーズに実行することが出来れば、その分だけ作業の効率は良くなる。

そんな理屈が成り立つので、今までオブジェクト選択に関するちょっとした小技を紹介してきました。

だけど今まで紹介してきたのは、本当に初歩的なオブジェクトの選択方法で、かなり序盤に知ることになる操作です。

だからこそ、逆にこれを知らないと困る、という意味もあって紹介をした訳ですが……

今まで紹介してきたオブジェクト選択は、画面上から本当にそのままマウスを使って選択をする方法でした。

窓選択とか除外などの操作は出来ますが、もっと複雑な条件で絞り込むことが出来ないという欠点があります。

もちろんこうした初歩的な選択方法は重要なんですけど、今回はもう少し高度なオブジェクト選択方法を紹介します。

オブジェクト選択の循環を使う

オートキャド(AutoCAD)のデータ的な話をすると、オブジェクトが重なっている状態はあまり良い状態とは言えません。

もちろん意味があって線が重なる場合もありますけど、同じ意味を持つ線が重なることにメリットは特にありません。

オブジェクトの選択もやりにくくなるし、移動したと思ったら元の位置にも線が残るなども出てきます。

作図効率はあまり良いとは言えないので、出来る限りオブジェクトが重なった状態は避けたいところです。

ということで、オブジェクト選択の循環をどう使っていくか、という話をする前段階で前回は終わってしまいました。

今回は具体的な循環選択のやり方について説明をしていきます。

オブジェクトが重なっている場合

今回紹介するオートキャド(AutoCAD)のTipsは、オブジェクト選択の循環です。

自分で「今回のTipsは……」とか書くのはやっぱり変な感じですけど、こういうサイトだから仕方がないです。

毎回冒頭で「ほとんどの人が知っていると思うけど一応」みたいなことを書くのも、余計におかしいですよね。

この心理をよくよく考えてみると、多分「こんなのTipsじゃないでしょ」と思われるのが怖いだと思います。

まあそう思われたとしても、私までその思いは届かないですから、気にしても仕方がないんですが。

これが怖いなら情報発信なんて出来ないので、もう割り切って堂々と書いていくしかありません。

また余計な話をしてしまいましたが、今回はオブジェクト選択の循環について色々と説明をしていきます。

選択済みオブジェクトを除外する

前回はオートキャド(AutoCAD)の操作画面上にあるオブジェクト選択方法として、自動窓選択モードを紹介しました。

・何もオブジェクトがない部分をクリックすると自動窓選択になる

・左から右に選択すると窓選択

・右から左に選択すると交差選択

簡単に書くと上記のようなポイントになりますが、これはオブジェクト選択操作の中でもっとも基本的な話。

これが果たしてTipsとか小技とか言われるレベルの話なのか、正直言ってすごく心配になります。

ただしそれを言ってしまうと、私が知っていて仕事で使っているテクニックは、全部Tipsではないという話になります。

そうすると全く書くことがなくなりますし、私が知っていることを全員が全て知っている訳じゃないとも思います。

なので今後も引き続き、初歩的な話であっても手抜きをしないで、きちんと説明をしていくつもりです。

今回はオブジェクト選択の続きということで、選択と除外について考えてみることにしましょう。

窓選択と交差選択の自動切替

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)を操作する際に、かなり頻繁に実行する操作を取り上げてみます。

ちょっとまわりくどい表現をしてしまいましたが、オブジェクトを選択する操作のTipsです。

移動するとか複写するとか、オートキャド(AutoCAD)の操作は色々な種類があります。

でも、作図した線や文字などを編集するコマンドを実行する際には、必ず「どの要素なのか」を指定する必要があります。

これはどんなに便利なコマンドであっても同じだし、どれ程コマンドをカスタマイズしても同じ。

今のところ、オブジェクトの選択をオートキャド(AutoCAD)がやってくれる機能はありません。

この作業は基本的には人間がやらなくてはいけない状態です。

少しでもオブジェクト選択の作業が便利になれば、その分だけ操作が楽になると言えるでしょう。

作図が楽になると仕事は効率化しますから、それを狙って便利な使い方を覚えることをお勧めします。

まず手始めに、オブジェクト選択をする際の基本中の基本、という操作を紹介しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ