リージョンを利用した面積算出


ポリラインを使って面積や長さを出す為には、確実に算出したい部分を囲ってあげる必要がある、という話を前回は取り上げました。

変にポリラインを重ねてしまうと、長さが増えてしまい面積もおかしくなってしまうので、正確な数値ではなくなってしまう。

数量を算出する際に「正確ではない」というのは致命的ですから、それだけは避けないと仕事になりません。

オートキャド(AutoCAD)が自動で計算してくれる面積は合っている、という前提で仕事を進める為に、そこはきちんと押さえておきましょう。

ポリラインの距離と面積を確認する際には、前回の手順でやってみたようにオブジェクトプロパティを利用するのが便利です。

ただしこのやり方だと、ひとつのポリラインの面積や長さしか分からない、というのが微妙に不便だったりします。

面積や距離を計測する場面では、複数のポリラインの面積を一気に出したい、ということもあるんです。

その場合はもう一手間が必要になってきますが、それぞれの面積や距離を自分で計算する必要はありません、

今回はその場合の手順について説明をしてみます。


■距離をまとめて出す場合

まずは複数のポリラインの長さをまとめて出したい時ですが、これは残念ながら私もあまりベストとは言い難い方法しか知らないです。

私の場合、それぞれのポリラインを移動して、FILLETコマンドでつなげてしまうやり方をしています。

ちょっと面倒なやり方ではありますが、それぞれの長さを出して自分で足し算をするよりはまだマシだと思ってやってます。

もう少し楽なやり方があれば良いのですが、今のところのベターなのはこのやり方かな…という感じです。

もう少しやり方を改善出来た時には、改めて当サイトで紹介が出来ればと思っています。

■面積をまとめて出す場合

複数のポリラインの面積をまとめて出す場合は、ポリラインからリージョンを作成するのが楽だと思います。

例えばこんなポリラインがあって、それぞれの面積ではなく合計の面積を一気に出したい場合。

3個のポリライン

この場合は単純に200×200×3=120000ということで、0.12㎡と簡単に自分でも計算は出来ますが…

これはあくまでもサンプルだから単純にしているだけで、実際に算出したい面積はもっと複雑な形状になっていることも多いはず。

まずはコマンドライン上で「REGION」と入力してEnterを押すか、以下のメニューからリージョンを選択します。

リージョンメニューの選択

オブジェクトを選択:

コマンドを実行すると上記のような表示が出るので、リージョンにしたいオブジェクトを、今回の場合はポリライン3個を選択します。

3 個のループが抽出されました。
3 個のリージョンが作成されました。

このような表示が出て、ポリラインがリージョンに変更されました。

次に、このリージョンを合計するコマンドとして「UNION」と入力してEnterを押します。

または、以下のように「修正」メニューから「ソリッド編集」を選択し、その中にある「和」を選択してもOKです。

 

リージョンの和コマンド

オブジェクトを選択:

上記のような表示が出るので、和を作成したい要素を、今回の場合は先ほど作成したリージョン3個を選択してEnterです。

これでリージョンをまとめる作業は完了で、今作成したリージョンを選択するとオブジェクトプロパティは以下のようになっています。

リージョンのプロパティ

3つのポリラインの合計長さと面積が「リージョン」という1つの要素として表現されているのが分かります。

これは、たくさんのポリラインの面積をまとめて測りたい、という時に非常に便利なやり方です。

あまり使用頻度は高くない機能ではありますが、うっすらと覚えておいても損はないと思います。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ