ダブルクリック編集の一例


ダブルクリック編集機能で、ハッチングをダブルクリックした際に、ハッチング編集コマンドを実行するようにする。

前回はその具体的な設定変更方法について説明をしました。

この設定をやっておくことによって、ハッチング編集コマンドを実行する手間は確実に減ることになります。

いくらコマンドエイリアスが早いと言っても、やっぱりダブルクリックには敵いませんから。

こうした積み重ねはちょっと地味に感じてしまうかも知れませんが、後で必ず効いてくるものです。

毎日使うような機能であればある程、その実行方法を効率化することは、後々に大きな影響を与えることになる。

これはオートキャド(AutoCAD)を自分用にカスタマイズする際の、基本的な方針となります。

こうした地味な改善を少しずつでも自分なりにやっていくと、一通り終わった後では、かなりの効率化が実現出来るはず。

それが出来ると、図面を完成に持っていくまでに掛かる時間は、確実に短縮する方向になります。

そうした流れで、自分のやり方を磨いていくことを当サイトでは強くお勧めしています。

まあこれは本来オートキャド(AutoCAD)のTipsという話ではなく、もっと根本的な操作の方針という話ですが……

ダブルクリック編集について説明したついでに、そうした基本を見直してみることも悪くないですよ。


■設定の可能性は色々

前回紹介したダブルクリック編集の設定変更は、ハッチングにハッチング編集コマンドを割り当てるというものでした。

これはひとつのサンプルなので、別にこの設定に変えないといけない、というような話では当然ありません。

実際にはオートキャド(AutoCAD)ユーザーによって、色々な設定が考えられると思います。

ただ、そうした漠然とした表現で「人によって違う」と書くだけでは、なにも参考になる部分がありません。

それでは読んでいてもあまり意味がないので、ここでは設定を変えると便利になりそうなものについて、具体的な例をもう少し挙げておくことにします。

これは私が実際に設定しているものと、実際に試してみたことのある設定ばかりなので、ある程度は参考になるんじゃないかと思います。

まあ試してみたことがある設定の中には、今現在はその設定にしていないものもありますが……

一度は試してみたということは、便利なんじゃないかと感じた設定なので、多少は可能性を秘めているかも知れません。

 

■ダブルクリックアクションの一例

ということで、簡単にですけどダブルクリック編集設定の中で、実際にやってみたことがある設定を簡単に紹介します。

・各種オブジェクト:選択した画層を現在層に

この設定にすると画層切り替え操作がスムーズになるので、結構便利じゃないかと思います。

・各種オブジェクト:ERASEコマンド

ダブルクリックした瞬間にそのオブジェクトを消すという設定ですが、そこまで頻繁に削除コマンドを使わないので、現在はやめています。

・寸法:DIMTEDITコマンド

寸法の文字位置を調整するコマンドは使用頻度の高いコマンドなので、これはかなり重宝します。

ただ、これを書いている今現在、オートキャド(AutoCAD)2011では寸法のダブルクリック設定が見あたりません。

2012ではちゃんと設定があるんですが……

と、あまり例としては多くないですけど、ダブルクリックアクションの一例を簡単に紹介してみました。

自分用の設定をする際に、これが少しでもヒントになれば嬉しいです。

 

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ