ダブルクリック編集の初期設定


オートキャド(AutoCAD)の操作に関わる設定は、ちょっと面倒に感じるかもしれないけれど、先にやっておくべき。

前回はそんな話の中で、ちょっとありがち過ぎる気もしましたが、木こりの喩え話を出してみました。

効率良く作業を進める為には、今すぐにやり始めることよりも、事前準備の方が大事になってくる場合もあります。

これは木こりだけじゃなくて、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く仕事でも一緒だと思います。

もちろん準備だけを念入りにやっても意味がなくて、作業と準備にかける時間のバランスが大事です。

そして最初に設定したからと言ってそれが完成じゃなくて、時々見直しをかける必要がある。

そのあたりがちょっとややこしいところ。

まあそれはともかくとして、最初にやっておきたい設定のひとつ、ダブルクリック編集を今回は考えてみたいと思います。


■非常に便利な機能

ダブルクリック編集は、どんなオブジェクトをダブルクリックしたかによって、実行されるコマンドが変わってきます。

例えば文字をダブルクリックした場合は文字編集が実行され、ポリラインだとポリライン編集が実行される。

ブロックをダブルクリックするとブロック編集が実行され、線分だとなぜかクイックプロパティが実行される。

そんな具合に、そのオブジェクト毎に適したコマンドが実行されるよう、オートキャド(AutoCAD)が初期設定を考えてくれています。

特に文字編集をするには非常に便利。

キーボードからコマンドを入力する際には半角が基本なんですけど、文字編集で使うのは全角、というパターンが多いんです。

そうすると、コマンド実行の時には半角で、文字編集になったら全角に切り替えるなどの煩わしい操作が発生します。

これはコマンドエイリアスの大きな欠点で、これがなければもう最高なんだけど、などといつも思っています。

しかしそんな状況でも、ダブルクリック編集を使えば、現在の文字入力モードが全角になっていてもコマンドは実行出来ます。

素晴らしい。

ということで、コマンドエイリアスを愛用している方は特に、このダブルクリック編集を使ってみることをお勧めします。

 

■今ひとつの初期設定

ただ、ダブルクリック編集を色々とやってみて感じるのが、せっかく用意してくれている初期設定が今ひとつだということ。

せっかく便利な機能なのに、設定によってそれが活かしきれていない、という感じがものすごくします。

なぜだかは分かりませんが、線分をはじめとして「クイックプロパティ」が実行されるオブジェクトが多いんです。

しかしクイックプロパティはそもそも選択するだけでOKの機能なので、わざわざダブルクリックなんて必要ありません。

せっかくダブルクリックしたのに、選択しただけの時と同じ状況になってしまうので、あまり意味のない状態に。

これは私のやり方が悪いのか、ちょっと良くわからないんですけど、少なくとも私はこれを便利に感じません。

こうしたオブジェクトは結構多いので「ダブルクリック編集って使えない」と思っている方もいるんじゃないかと思います。

これでは勿体ないので、これらの設定を自分の好みにあわせて設定をしていくことを当サイトではお勧めします。

具体的な手順については次回に詳しく説明をします。

 

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ